セイエルの声

薬剤師

2018年入社

簗瀬 千明

学生時代はどのように
過ごしましたか?

長期の休暇はバイトや旅行をして、学生生活を楽しんでいました。
みんなが楽しめるようにプランを考えることが好きなので、友達や研究室の仲間と旅行に行くときは、よく幹事をしていました。
また、定期テスト最終日は、毎回友達と行きつけのケーキ屋で打ち上げをしていたのが良い思い出です。国家試験の勉強は必死に頑張り、模試の結果に一喜一憂することもありましたが、今振り返ってみると、同じ目標に向かって友達と一緒に頑張ることのできたとても充実した時間だったと思います。

どのような就職活動をしましたか?

薬剤師の就職先といえば、病院や薬局のイメージが強いと思います。私もそうでした。しかしある時、講義の中で「医薬品卸の薬剤師」という存在を知り、興味をもちました。インターネットなどを使って調べていくうち、薬剤師の資格を活かして企業で働きたい、医療現場を支える仕事で活躍してみたい、と思うようになりました。また、医薬品卸は様々な商品を取り扱い、幅広い知識を身につけることが出来るので、その特徴も魅力的でした。視野を広くもち業界研究をすること、どのような薬剤師になりたいか自己分析をすることは、就職活動をする上でとても大切だと思います。会社比較も同様です。将来的に管理薬剤師として働く上で、研修が充実した会社が良いと思い、会社見学などを通してセイエルに決めました。

現在の仕事はどのような内容ですか?

薬機法で薬剤師業務は「従業員を監督し、構造設備や商品を管理すること」とされています。
医薬品卸の業務全般に目を配り、法令遵守の立場から会社の信頼を守っています。
業務内容は多岐に渡り、適正な流通を守るための販売管理、安全・安心な商品を供給するための品質管理、最新で正確な情報を提供するための情報管理など、様々です。医薬品卸は医薬品に限らず、医療機器や健康食品、試薬など、多数の商品を取り扱っています。幅広い商品の管理と問い合わせ対応を行うので、新しい発見があり、勉強になります。 また、講師となって社員に教育研修も行っています。いろいろな研修内容があり、今まで医薬品に関わったことのない新入社員に対して、病態や薬の作用機序について研修を行うこともあります。どのように伝えれば分かりやすく、印象に残りやすいのか、試行錯誤して臨んでいます。予想外の質問をされることもあるので、新鮮で、理解を深める機会になり、楽しいと感じる業務の一つです。
また、私は現在、通常の業務以外にも薬剤師の教育担当やリクルート活動、資料作成などに挑戦しています。
私の「挑戦したい」に応えて機会を与えてくれる職場です。

セイエルでの将来のビジョン

今まで複数の薬剤師がいる事業所に勤務し、業務に対する姿勢や考え方を、上司や先輩からたくさん学びました。
その中で、管理薬剤師にはコミュニケーション力や組織人としての力が必要だと感じました。
様々な経歴や価値観を持っている方と関わり合いながら仕事をしているため、必要な情報を聞き取り、正確に情報を伝え、トラブルがあった時に交渉しなければなりません。入社時は目の前のことで精一杯でしたが、現在は、管理薬剤師となってスキルアップしたいと考えています。お得意先からも社内からも信頼されることを目標に、今後もたくさんのことを吸収して成長してきたいと思います。

就職活動中の学生へのメッセージ

私が学生の時は、国家試験の合格がゴールのような気がしていましたが、いざ入社してみると、ゴールしたのではなくスタート地点に立ったのだと感じました。上司や先輩が手厚く育ててくれたので、スタートする上でセイエルを選んで良かったと、私は思います。そういった社風や具体的な会社の特徴は、足を運んで自分の目で見て感じることで、知ることができます。インターネットの情報だけでは掴むことはできません。
研究や試験勉強で忙しい日々だとは思いますが、ぜひ色んな会社に目を向けて足を運び、自分にとって理想の職場で薬剤師としての人生をスタートさせて下さい。

PRIVATE プライベート

休日は友達と遊んだり、ジムで筋トレしたり、アニメや映画を見たりして過ごしています。
就職で県外へ行ってしまった友達もいるのですが、この写真は久しぶりに5人そろい、宮島へ行ったときのものです。友達と集まると、食べる事や話す事に夢中で、写真を撮ることを忘れてしまいます。(そのために移動中の写真しかありませんでした…。)
今度は東京に集まる予定なので、その日を楽しみにしています。

セイエルの声